雑記ブログ
デジタル脳のアナログライフ♪音楽と写真とおいしい料理と楽しいことと頭の中をつづるトリビア的コンテンツ

@東京ドーム 2015.5.26

母の冥土の土産?!『おいしい葡萄の旅』の東京ドーム公演最終日に参加してきました♪

母が「死ぬまでにもう一度だけ行きたい」と言っていたサザンのコンサートです。冗談で言っていたのが、昨年はガンに見舞われ…。「まだサザンのライブ行かなきゃいけないし、死んでる場合じゃないよ」。小さな目的でも作っておくと、人は生きられるらしいです。ありがたいことに、今のところは再発の兆候もありません。

スタンド席でしたが、私はライブハウスと同じように楽しみ、母は母なりのペースで楽しんでいました。トークのみネタバレがあります(セトリなし)。

**スポンサーリンク**

10年ぶりの東京ドーム公演

私が初めてのサザンコンサートに行ったのは、まだインターネットがない時代でした。電話でしかチケットが取れない時代です(笑)。偶然につながり、母と妹と3人で行きました。

あれから20年以上はたったでしょうか?サザンのドームコンサート自体は10年ぶりだそうです。

ここ数年はライブハウスもしくはフェスばかりで、席が決まっている大きな会場は久しぶり!友人と参加したミスチルのナゴヤドーム(2012年)以来です。モッシュの楽しみはなくなりますが、大きな会場だと演出が楽しめるからいいですね~。

今回のサザンライブも現代の技術を駆使したもので、老若男女が楽しめたと思います。サザンくらいのモンスターバンドともなると、参加している年代の開きが60近く(それ以上かも(笑))にもなります。アラフォーの私は、デビュー当時からのファンの子世代ですからね…。孫世代も来ているし、全ての年代を楽しませるのは大変だなと思います(ターゲット選定って重要なんだなぁと、仕事モードに入ってしまう部分もありw)。

ドームの周辺がサザン一色になっており、入る前からテンションが上がりました。ライブハウスでは見られない光景なので、これはこれで楽しかったです♪

**スポンサーリンク**

昭和なノリと平成のノリと

さまざまな年代が参加していましたが、年代としては50オーバーが多かったです。始まる前にウェーブが始まるとか、若干昭和なノリに引きつつ(笑)、始まったら関係なく燃え上がりました。

今回、私にとっては初の試みがありました。母の強引さに負けて、ライブでもフェスでも絶対に着ないと決めているツアーTシャツを着たのです。

みんなに「おかしい」と言われるのですが、私は余程のことがない限りはグッズを購入しません。他の人と同じTシャツを着るなんてもっての外!でも、母が買ってしまったので着ましたよ(恥ずかしいw)。

さすがに他のアーティストのタオルは使えないので購入しましたが、同じアーティストであればボロボロになるまで使ってから購入を考えます(ただの貧乏性とも言う)。最近の主流になっているマフラータオルじゃなくてホッとしました(笑)。

歌ってすごいなと思ったのは、みんなが一瞬にして当時にタイムスリップできるところです。桑田さんが「昔の歌も~」と言って歌ってくれた『栞のテーマ』や『あなただけを~Summer Heartbreak~』の辺りは、50代・60代が一気に20代・30代に戻った瞬間だったと思います。そんな風に引き戻してくれるアーティストが、これからも出てくるといいなと思ってしまいました。好きなミュージシャンはたくさんいるけれど、“あの頃”を思い出させてくれるミュージシャンはなかなかいないです。

歌を聴いていた当時は苦しかったことも、何十年もたってしまえば思い出の一つになります。不思議なことに、歌を聴くことで苦しさが戻ってくることもないです。だから、単純に「音楽って素晴らしい!」と思ってしまいます。「どの世代にも青春時代があったのだな」と、冷静に会場を見渡してしまいました(笑)。

曲名はきちんと覚えていませんが、中盤辺りで私は記憶がぶっ飛びました。

みんなブログとかTwitterで、セトリ(セットリスト)を書いているんですよね。スゴイですね。「俺的にはここはいらない」とか、大きなお世話だって(笑)。ここから15分くらいは「いらなかった」と言われそうだけど、自分たちがやりたいんです!

こんな感じのトークの後に『おいしいね~傑作物語』が始まったと思います。ここからの数曲、見事にトイレ休憩&着席が目立ちました。

しか~し!私はここからヘドバンタイムに入りました。ここだけでもスタンディングでOKと思ってしまうくらい(笑)。ヘドバンする人なんてスタンド席にはいませんでしたけどね。

記憶は飛んだが、ラーメンで〆

私は途中から記憶がぶっ飛んでしまいましたが、母は泣いたり喜んだり楽しんでいました。アンコールは3曲か4曲だったと思います。笑いあり、涙あり(?)、光のシャワーあり、ダンスあり、ロックありの3時間半でした。

最後に桑田さんが「死ぬなよ」と言って去っていきました。桑田さんも来年で還暦だそうです。母は今年で65歳。「また行きたい」と言っているので、サザンにも母にも元気でいてもらわないと!

私はライブ後は塩分が抜けてしょっぱいものを欲するので、帰りは母と一緒に行きつけのラーメン屋に行って塩分補給をして帰りました。2年くらいはライブを自粛していましたが、ちょっとスイッチが入ってしまったかも…(笑)。でも、それよりも大切なことが目の前にあるので、ライブ妄想をしつつ日々の仕事を頑張っていきたいと思います。

**スポンサーリンク**

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメント


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA