雑記ブログ
デジタル脳のアナログライフ♪音楽と写真とおいしい料理と楽しいことと頭の中をつづるトリビア的コンテンツ

@日本武道館 2019.7.8

念願のOfficial髭男dism(以後、髭男)ライブに行ってまいりました。久しぶりのボッチ参戦です。

光合成ツアーが終わってから魂が抜けてしまって、本当にどうしたものかと思いながらモヤモヤとした2週間を過ごしておりましたが、この気持ちを払拭(ふっしょく)してくれる楽しいライブでした。これから何度も通うことになりそう(笑)。

注意以下、グダグダとライブの感想が続きます(これからの方はネタバレに注意)。

**スポンサーリンク**

Official髭男dism one-man tour 2019追加公演

ライブの感想

ステージバックサイド席もあったため、360度全てにお客様が埋まっていました。全国から集ってきたファン。海外から遊びに来たファン。初の武道館だということで、それぞれの思いがあったようです。

スタートは私を髭男の世界に引き込んだ『115万キロのフィルム』から。昨年のいつ頃かは忘れましたが、Apple Musicにおすすめされてほれ込んだ曲です。

まさか、1曲目からこの曲が聴けるとは思わず。既にとりこになってしまいました。ワンマンに1回参加できれば十分だと思ってしまうアーティストも多い中、今後も足を運びたいとこの瞬間に思いました。

『115万キロ〜』から続けての3曲は、ライブビデオで見ていてゾクゾクしていたものだから一気にタガが外れました。ファンキーでポップ。踊らないわけにはいきません。

18時過ぎに行ったらグッズ売り場が意外と並んでいたので、購入予定だったタオルとラバーバンドは諦めました。それを後悔したのが『始まりの朝』です。私の身長では人の顔に当たってしまうので回すことは無理なのですが、やはりタオルで楽しみたかったなと強く思いました。

↓ガチャだけ購入しました(我が家の鍵には合わないのだけれどw)

個人的にグサグサと刺さったのは『コーヒーとシロップ』『LADY』でした。私が20代だったら涙を流して聴いていたと思います(『LADY』)。イヤホン越しで聴いても十分にいいのですが、生で聴いたら鳥肌が立ちました。

1曲だけ知らない曲があったのですが、これは今のところはライブ限定の曲みたいです(『明け方のGet Away』)。でも、楽しくて!初めて聴いた曲だとは思えませんでした。

『コンフィデンスマンJP』の主題歌となった2曲が続けて演奏されたのも良かったですね。『Pretender』から『ノーダウト』の流れが良かったのかもしれません。異様な盛り上がりを見せていました(終盤なのに声量も歌唱力もいっさい衰えない!)。

アンコールでは2つの発表が。NEWアルバムとホールツアーの発表でした。なんと彼ら、まだメジャーデビューして1年しかたっていないとか!今度のアルバムがファーストアルバムだそうで……。全くそんな感じがしないのは、この1年で聴きすぎたせいかもしれません(笑)。

アンコール曲は『Amazing』『Stand By You』の2曲でした。『Amazing』を聴いたことがないと思ったら、ダウンロードしていませんでした。でも、この曲で藤原さんと松浦さん(ちゃんまつと呼ばれているらしい)の2ドラムが!

藤原さんがVo/Pf/Drsをこなすとは恐れ入りました。しかも、全てが中途半端ではないところが素晴らしい!全く期待を裏切らない(いや、それ以上の!)歌唱力にも脱帽しました。髭男はみんなが多彩だなと思ってしまいました。

個人的にはもう少しトークを減らしてもらって、もっと歌に時間を割いてもらえたらなと。MCは嫌いじゃないのですが、たくさんの曲を聴きたいのが本音です。

健康診断のくだりは微笑ましかったな(笑)。彼らはまだ20代後半ですが、今の年齢での無茶が後に大きく響くので、髭の似合う歳になっても音楽を続けるなら本当に健康には気を付けてもらいたいなと思いました。

**スポンサーリンク**

人を笑顔にさせるライブは最高

YouTubeのライブビデオを見てから「音源よりいい!絶対に生で聴きたい!」と心に誓っておりました。

↓私に火をつけた動画

昨年は父の件でバタバタしており、小さい箱やNHKホールのチケットを取り損ねてガッカリしていたところ、初の武道館となる追加公演の申し込みがスタートして取れた次第です。

初めてだと様子も分からないし、アウェイなところに入っていくのは緊張をするものですが、なんだかウェルカム感をすごく感じました。世代的には私の子供でもおかしくない年齢の子が4割くらいを占めていましたが、同世代のご夫婦や子連れママもいたのが印象的です。

大きな会場だとお客様の楽しんでいる姿がしっかりと見られるからいいですね。始まるまで落ち込んでいた人もいたでしょうし、嫌なことがあった人もいたとは思うけれど、笑顔と光に包まれて幸せな気分になれました(だからライブはやめられない)。

この投稿をInstagramで見る

髭男@武道館 髭男との出会いでもあるAppleMusicが勧めてきたあの曲からスタート。 髭男好きカップルは、結婚式で使うんだろうなあ。 光合成ロスを払拭してくれる楽しいライブでした。 興奮冷めやらぬまま帰宅。 5月末からシカオちゃん封印、6月上旬から髭男封印だった約1カ月。 長かったー!つらかったー!🤣 ぜひ、髭男の良さを同世代にも知ってほしいです。 それくらい良かった。 ど真ん中は10代後半から20代前半みたいですが、意外とその親世代もハマると思います。 歌詞はちょっとくすぐったいものもありますが(笑)。 期待を裏切らない歌唱力と演奏。 天は二物を与えずと言いますが、与えられる人もいますね。 FIRE HORNSが心なしかリラックスして見えました(笑)。 気持ちが熱いうちにブログに感想をしたためようと思います。 NEWアルバム(メジャーとしての1stだそう)の発表とホールツアーの発表あり! トラブルあったけど😅 絶対に行こうと決めました! ボッチでも行く。 #髭男仲間欲しい #official髭男dism #髭男 #髭男爵って変換されるのどうにかしてw #武道館 #武道館ライブ #初武道館おめでとう #いつまでも続いてほしいバンド #115万キロのフィルム #ゼロのままでいられたらを生で聴いてみたい

Chie(音楽専用)さん(@funkylife2525)がシェアした投稿 –

Official髭男dismワンマンツアーのセットリスト

生でぜひ聴いてみたいと思っていた『ゼロのままでいられたら』は含まれていませんでしたが、これからも足を運ぶと思うので楽しみは取っておこうと思っています。

  1. 115万キロのフィルム
  2. 異端なスター
  3. Tell Me Baby
  4. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
  5. 始まりの朝
  6. ブラザーズ
  7. コーヒーとシロップ
  8. バッドフォーミー
  9. LADY
  10. 55
  11. Rolling
  12. 明け方のGet Away
  13. FIRE GROUND
  14. Pretender
  15. ノーダウト
  16. 宿命

<アンコール>

  1. Amazing
  2. Stand By You
**スポンサーリンク**

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA