雑記ブログ
デジタル脳のアナログライフ♪音楽と写真とおいしい料理と楽しいことと頭の中をつづる無駄なコンテンツ

以前からチェックしていた赤坂プリンスクラシックハウス内にあるレストラン『La Maison Kioi(ラ・メゾン・キオイ)』でランチをいただいてまいりました。

2月とは思えないほどの快晴でした。なぜか、季節外れのトナカイがデーンと構えておりました(笑)。


ランチはサラダランチ・メインランチ・コース(1種類)です。私たちはコースをいただきました。

前菜は軽くあぶったサワラと大根のピクルス(だったはず)です。わたくし、生のサワラは初めてでした。ゲテモノ(珍味)から高級食材までありとあらゆるものを食してきたつもりですが、“初”に出合えるとうれしくなります。

サワラの下に、鬼おろし大根が敷かれています。鬼おろし大根は和食に使用するという固定概念があった私には、この組み合わせに驚かされました!

ソースは酸味が強いですが、サワラの脂にマッチしていて私にはちょうど良かったです。

しっかりとお出汁の取れたコンソメスープで、本当においしかったです。店内に出汁の香りが舞っていて幸せ!

奇麗に撮れなかったので諦めたのですが、「本日のスープです」と出された時はブランデーグラスにくこの実と金粉だけが入っていました。後からポットで注がれるというオシャレな演出です。ブランデーグラスでスープを飲むのはもちろん初めてですし、くこの実がフレンチの食材として使用されることにも驚きました。

久しぶりにバゲットを食べました。こちらは可もなく不可もなく。好みのバゲットがあるので仕方がないです(笑)。

「鶏モモ肉のハードソテー シェリーヴィネガーソース」です。皮がパリッパリで、骨までついていて、軟骨が好きな私は大満足でした(お行儀悪いと言われても食べます)。ソースがさっぱりしているので、もう一つくらい食べられそうです。

こちらは「飯蛸のフリット 焦がしバターソース」です。美味でした!こっちにすれば良かったと思いましたが、この量だと私には足りません。

メインは三種類から選べます。季節によって(月毎?)メニューは変わるとのことでした。

デザートは四種類から選べます。私たちは「イチゴとルバーブのバシュラン」にしました。バシュランはメレンゲでアイスクリームとフルーツを挟んだデザートだそうです。こちらも初めていただきました。

ほんのりイチゴ味で優しい甘さのメレンゲと、濃厚なアイスクリーム(ソフトクリームに近い)と、酸味のあるラズベリーソースと、食感の異なる二種類のフルーツというぜいたくなデザートでした。

フレンチは糖質制限中である私の味方です。おいしいし、非日常的な空間だし、楽しいランチでした。

ラ・メゾン・キオイ
店舗情報

東京都千代田区紀尾井町1-2
東京ガーデンテラス紀尾井町内
赤坂プリンス クラシックハウス
03-6261-1153
女子会デート記念日誕生日

**スポンサーリンク**

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメント


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA